青銅置物 「京のカエル、大阪のカエル」

青銅置物 「京のカエル、大阪のカエル」
青銅置物 「京のカエル、大阪のカエル」

当工房の地元、天王山を舞台にした昔話「京の蛙、大阪の蛙」をモチーフに作りました。
話のあらすじを簡単に紹介すると、
 大阪を見物に行こうとした京都の蛙と、京都を見物に行こうとした大阪の蛙が、京都と大阪の境目にある大山崎・天王山の山頂で出会います。
 お互い精一杯背伸びをして街並みを見ますが、どちらも自分の街と変わりは無く、しんどい思いをして見に行く事はないと、途中で引き返してしまったという事です。
 蛙の目は上に付いているため、立ち上がった蛙は自分の街を見ていた、というオチです。
二匹のカエルはどんな話をしているのでしょうか。

販売価格¥60,000(税込)

数量

在庫在庫有り

カテゴリー:商品, 商品ジャンル, 置物

お部屋やお庭に飾れる青銅の置物です。

約19.5cm

奥行

約13.5cm

高さ

約24.5cm

材質

青銅

化粧箱

■ 一つ一つ手作りの為、お届けする商品の色や寸法が掲載写真と微妙に異なる場合があります。
■ モニターの環境等で、写真と現物の色が違って見える場合があります。予めご了承下さい。

■ 注文確定後すぐに出荷準備を開始いたしますが、実店舗での販売状況の変動により、実際の在庫がオンラインストアと一致しないこと可能性があります。同じ商品を複数ご注文の場合、注文状況の確認をご希望の場合は、注文確定後に、075-956-0789にお電話叉はinfo@wadokan.co.jpまでお問い合わせください。
■ 受注制作をご希望につきましても上記と同様にお問合せ下さい。